忍者ブログ
↑そろそろこの日記のタイトルにも飽きてきた
Posted by - 2017.12.15,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by 褐兎 - 2011.08.07,Sun


今週金曜から休みに入るんですが…何! あと4日しかないの!?
やること山積み状態のまま終わっちゃいそうだけど…まあいいか。

昨日は鳥取の三徳山三佛寺に行ってきました。

会社の人のお誘いだったんですが、
「『投入堂』観に行くけど来る?」とだけ言われて
どんな所かまったく知らないまま「はいはい行きますよ~」と二つ返事。

で、我が愛車に全員乗せて鳥取へ。 そこで待ち受けていたのは…

かなり過酷な山登りでした。

鎖を使って岸壁を上るような場面もあって
滑落事故もしばしばあるとのこと。 怖っ!
履きなれた旦那靴(=NIKE)履いて行ってよかった…。


で、山登りの末たどり着いた問題の「投入堂」なんですが…


nageiredo_0806.jpg









 

わかります? 岸壁のくぼみにはめ込む感じで建てられてるの。
床下部分も絶壁とは言わないまでも、かなり切り立った崖。

来客はこれ以上近づけません。無理に近づいて滑落死という事例もあったそうです。
そもそもこの撮影場所自体も斜面の岩場になってて結構危険。

正直、今まで見た建造物の中でも1,2を争うくらい感動したかも知れません。
何というか、人が簡単に立ち入れない神秘性みたいなものがこう、ありありと感じられたというか。

届かなくて中に入れないから、何があるのか色々と想像しちゃいますよね。
しかもそれほど大きくない(むしろ小さめの)お堂だからこそ、
こう…中に小さな神仏の像が祀られてたりするイメージが湧いてきたりして、何故だか逆に感慨深い。
実際には何もないのかも知れませんが、それもまた趣がありますね。


これ写真で見るのと実際見るのとで全然違うと思います。
関西にお越しの際は一度行ってみてはどうでしょう?
ただそれなりに心してかかるべきかも。
実際、ここにたどり着くまでを「修行」と謳っているそうです。

そんなとこに予備知識なしで行ったわたくし褐丼、現在肉体疲労でぐだぐだモードです。
しかも今日も運動しちゃったし。 ふはは! 明日仕事とか何なのかしらもう!(阿呆)

けどあと4日。 もうひと踏ん張りしたら帰省。 それなりに遊びたい気分はあり。
頑張っていきましょい。
 

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[11/10 ぱぴお]
[10/05 褐丼]
[09/23 ぱぴお]
[09/23 褐丼]
[09/22 ぱぴお]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
褐兎
HP:
性別:
非公開
趣味:
音楽 / 絵 / 散歩 / 睡眠
バーコード
ブログ内検索
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]